介護保険サービス一覧

介護保険を利用できるサービスについて

居宅系介護保険サービスで医療費控除を受けることができるもの

介護保険のサービスを家で受けていた場合、医療費控除を受けることができる可能性がある。条件なしで医療費控除の対象になるものもあるが、条件付きで医療費控除の対象になるものもあり、医療費控除の対象外なサービスもある。

介護認定を受けていなくても介護施設が利用できるケースもある

介護保険の介護認定を受けて、要介護とか要支援とかに認定した人が介護施設のサービスを受けることができる。でも、場合によっては、介護認定を受けていない人でも介護施設のショートスティを利用できる場合がある。さて、どんな場合?

生活保護と介護保険

生活保護を受けている人の場合、介護保険の保険料はどうなっているんだろう?払うのか、払わないのか?介護保険のサービスは生活保護で受けることができるのだろうか?介護保険のサービスを受けた場合の自己負担は?そんな疑問にお答えします。

通院介助が認められる例

昨今の介護保険ではヘルパーの通院付き添いが原則的に認められない。とはいえ、原則一点張りでは困るのが介護というもの。もちろん介護保険のサービスとしての病院付き添いが認められるケースもある。

ショートステイの30日越え減算は避けたい

ショートステイには30日を超えての利用に制限がある。30日を超えてショートスティを継続利用すると事業者としては、減算の対象となり、通常利用より損をすることになるのだ。ショートスティ利用の30日越えにおける減算ってどんなものなんでしょうか?