地域包括支援センターの日常

成年後見制度の申し立てができるのはだれ

認知症や障害で判断能力が不十分な人の利益を守るためにあるのが成年後見制度。 本人の代わりに、財産管理や契約をしてくれたりする。 では、成年後見制度を使うための申し立てはだれがする?成年後見制度の申し立てができる人 成年後見制度は家庭裁判所に...
地域包括支援センターの日常

成年後見制度の種類-〔補助〕〔補佐〕〔後見〕

一口に成年後見といっても、場合によっては成年後見を受ける人の意向なしには何もできないことがある。成年後見を受ける人の判断能力に応じて、権限がだいぶ違う。世間一般でいう判断能力の有無と、成年後見人制度の判断能力の有無はだいぶ落差があると思う。
地域包括支援センターの日常

成年後見人の報酬額はいくら位?だれが払う?

判断能力が低下した時にお金の管理や財産の管理、介護施設や病院の契約を本人に代わってしてくれる成年後見人制度の後見人。彼らはボランティアではないので、報酬はちゃんと受け取る。では、成年後見人の報酬っていくら位?誰が成年後見人の報酬を払うのか?
PR
地域包括支援センターの日常

虐待の種類はいくつある?-子供と高齢者とその他では違うんだって

我々、高齢者福祉分野の人間が良く聞く虐待の種類は、子供が4つ、高齢者が5つ。では、その内容は?他にないの?お勉強がてら調べてみた。
地域包括支援センターの日常

老後のお金どうやって管理する?

老後のお金、どうやって管理する? 「考えたこともない」「子供に管理してもらう」という人が大半だと思う。 でも、「老後のお金の管理」真剣に考えておいたほうがいい。老人虐待で一番多いのは経済的虐待 老人虐待で一番多いのは経済的虐待といわれている...
地域包括支援センターの日常

虐待の対応

包括支援センターの仕事の一つに、虐待の対応というのがある。この虐待の対応の流れ、ケアマネージャーでもあまりよくわかっていない人が多い。というか、「虐待通報している」という意識もない人もいる。
介護保険

介護保険を利用したい【相談・介護認定・サービス利用の流れ】

介護保険を利用して、サービスを受けるためには介護度というのを認定してもらわないといけない。これを【介護認定】という。今回は介護認定の申請に必要なものや介護認定の申請の流れと介護認定の申請時の包括支援センターの仕事についても説明するよ。
介護保険

ケアハウスの種類

軽費老人ホームの一つがケアハウスだ。基本的には、自立した生活ができる人が入るのが軽費老人ホーム。が、ケアハウスに関しては、介護が必要な人が入居できる場合がある。逆に、介護が必要でない自立している人でも入居が可能。
介護保険

介護保険料を払わないとどうなるか?

介護保険料を払っていない。という人も中にはいる。そんな介護保険料未払いの人、いざ介護が必要になったときにどうなるかって話をおひとつしたいと思う。
介護保険

生活保護と介護保険

生活保護を受けている人の場合、介護保険の保険料はどうなっているんだろう?払うのか、払わないのか?介護保険のサービスは生活保護で受けることができるのだろうか?介護保険のサービスを受けた場合の自己負担は?そんな疑問にお答えします。
PR